記事一覧

精神的な本と物質的な本を同時に読む矛盾

 最近ジェームズ・アレンの本を読んでいます。本の厚さも薄いものが多く、訳も難しい表現はありません。しかし、中身はわかりやすい言葉で書いてありますが、実際のところはよくわからない。府に落ちないところがたくさんです。あまりにもシンプルすぎてその中に含まれている筆者の深い思いを私は理解することができていないのだと思います。例えば「怠惰な心の癖」をなくす。「欲求を管理できない癖」をなくす。「悪口を言う癖」...

続きを読む

「人は痛みを避ける」行動を取る?

  最近飛行機に乗る機会が何度かあり、「あれ?」と思ったことがあります。機内でCAさんのアナウンスする内容は決められているようで、毎回同じようなことを聞きます。でも、この間は少し違いました。「これから着陸態勢に入りますので、化粧室のご利用はできなくなります。利用の方は利用可能な間にご利用ください。」というようなアナウンスがありました。いつもは「利用できなくなります。」で終わっていたようですが、その日...

続きを読む

ストレスや辛い出来事から開放される方法

 ストレスを感じている自分を客観的に見ることができればすこし気持ちが楽になることがあると書きました。ストレス状態にある自分が楽になるには、「気の持ちよう」でなんとかなるものではなかったです、私の場合は。意識の中だけでストレスを何とかなくそうと努力してもなかなかうまく気持ちが切り替えられませんでした。ストレス状態のとき気持ちもめいりネガティブな精神状態です。深呼吸し今の状態を「着ぐるみ」を脱ぐような...

続きを読む

傍観者意識がストレス解消の第一歩

  傍観者意識とは自分を客観的に見る視点です。ストレス状態のときは自分を客観視するのは難しいかもしれません。そういう時自分にはもう一人の自分がいると思ってみてください。その自分が、今の苦しんでいる自分をまるで映画を見ているかのように見る。会社での嫌な出来事があったとしたら、映画館のスクリーンに映し出された出来事をもう一人の自分が見ている。「自分は正しい、悪いのは相手の方だ」となっているときは自分の...

続きを読む

ストレスは自分が作り出している幻想

 仕事の上でも日常生活のうえでもストレスが多い現代です。会社では嫌な上司、反抗的な部下など自分の思いどおりにならな人たちが出てくるときは感情を抑えるのに必死です。仕事が忙しければなおさら自分をコントロールすることが大変です。人のストレスは過重労働とか外的な環境が誘発するものもあります。過重労働は社会全体で考えるべき問題であり、労働環境を会社が変えていくことによって改善される方法もあると思います。ま...

続きを読む

人の悪口を言ってはいけない、そして思ってもいけないことについて

 道徳として人の悪口を言ってはいけないということは小さいときから聞かされてきました。人の悪口や批判は聞いていてもいい気持ちはしないからそうなんだろうと理解してきたつもりです。しかし、いろんな人がいるわけで、中には気の合わない人もいます。「何であの人はこうなんだろう」とか「こんなことどうしてこだわるのだろう」とか、いろいろ欠点が見えてきます。そのたびにイラッとしたり、ぶつぶつ言ってしまいます。しかし...

続きを読む

肯定的な言葉を使って気持ちを前向きにする

 人は言葉を使って相手に何かを伝えるとき多くの場合は何らかの体験を話していることになります。話を聞いた相手は自分の体験や経験に結び付けて理解していることになります。言葉を聞いた人は無意識にその言葉に反応するイメージを見たり聞いたりしているのです。無意識のうちに、自動的反応でその言葉に関連したイメージを見てしまうのです。言葉が何らかのイメージや音などの感情につながっていきます。毎日のニュースはあまり...

続きを読む

自分の中にある信念のでき方

 人は生まれたときから周りの人間の価値観を受け継ぐ。育ててくれた両親等の影響を受ける。私たちは体験を通して外側の世界に意味づけをしていく。自分の視覚、聴覚、身体感覚、臭覚、味覚の情報を基に体験を言語化して無意識の領域に蓄積していく。言語を通して実際に体験したことを具体的に叙述していき評価するという意味づけを行っていく。外的な出来事を内的な思考に結び付けていく。物事の「意味すること」を考え、その意味...

続きを読む

プロフィール

shinshincoach

Author:shinshincoach
FC2ブログへようこそ!
鹿児島市在住 
NLPコーチ
25歳の子を持つ母
3,4歳の頃から人の心を分析するクセが
ついてしまい、本の中に答えを求めた結果
読書が趣味となりました。

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者向けメールフォーム