記事一覧

モチベーションとしての元旦の計

 明けましておめでとうございます。日常生活の区切りとしての元日。この日に一年の計画を立てる。例年、今年は毎日ジョギングをすると決める。今年は毎日日記を書くと誓う。しかし、毎年三日坊主となるのが常だった。どうして続かないのか?それは「今まで通りやってきて不都合なことはないじゃない、だから今までどおりでいいじゃない。」と無意識が抵抗するから。安全に暮らしてこれたから何も変える必要はないと心の底で思って...

続きを読む

変わりたいと思うけど変われない人へ 少し変えるということ

 この性格をなんとかしたい、違う自分になりたいと思って本も読んだりして考え方を変えてみるけど、変わらない。自分のことを考えると、変わりたいとは言うが、実は心の底では変わりたくないと思っているのではないか? だが、今までと同じことをやっていては同じ結果しかやってこないという。違うことをやると、違う結果の感情が味わえると考えたらいいのかも。そこで、こういうことをやったらいいと思うことを一つずつ習慣に加...

続きを読む

人はそうそう変われない

 心に残る戒めを読んだとしてそうなりたいと思ったとしても次の瞬間人から何か言われるとすぐカッとなり感情が乱れてしまう。ジェームズ・アレン著の本の中で「穏やかな人は、自分が軽視されたり、罵倒されたり、誤解されたりした場合でも、『たいしたことではないから、悩む必要もないし、報復する必要もない』と考えます。穏やかな人は、攻撃に対してむやみに抵抗することが最も効果のないものであることを知っています。」「あ...

続きを読む

アイデンティテーは「自己イメージ」

 アイデンティテーは「私は○○(私=○○)」の表現になります。「私は日本人」「私は優秀」「私はコーチ」等々。アイデンティテーは自分自身に張り付けた「自己イメージ」ということができいつでも取り換え可能なものです。「自己イメージ」は自分の中にある価値観が作り出す「価値基準」という尺度による評価でもあります。「自分は優秀である」「自分は無能である」どちらも主観的に決めている「思い込み」である場合が多いのです...

続きを読む

ミッションから始める

 今までやったことのないことを始めようと思ったら、今までと同じことをしていては成功しないと私は思うのです。だから新しいアイデアとか考えようとするけど浮かばない。頭の中が新しいことを考える脳でなくなっている。脳は画一的一般的な状態が安心できるから物事を複雑にはとらえたくないのです。こういう時はゴールを設定して今自分はどういうことをやったらいいのかと考えた方が少しは行動できるような気がしてきました。自...

続きを読む

プロフィール

shinshincoach

Author:shinshincoach
FC2ブログへようこそ!
鹿児島市在住 
NLPコーチ
25歳の子を持つ母
3,4歳の頃から人の心を分析するクセが
ついてしまい、本の中に答えを求めた結果
読書が趣味となりました。

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者向けメールフォーム