記事一覧

どちらか一方だけが悪いということはない。

 強い者と弱い者がいたら、判官贔屓で弱い者の味方に立つ方が正義の味方のようでかっこいいと思うことがよくある。悪いのは全部強い者。そう考えた方が楽な気がする。強者と弱者の対立があったら、自分はいつも弱者の立場だと考えたら居心地がいいように思う。弱さを言い訳にしているようなずるい部分があることを次の文章を読んで思った。「これまで人々は、こういい続けてきました。『搾取する者が存在するために、多くの人たち...

続きを読む

「立場」を変えて「家庭内の問題」を考える

  「家庭内の問題」というと問題が大きく解決が難しい印象を与えてしまいます。「家庭内」とは誰と誰の間に起こったこと?そして「問題」とはどういうことがあり、どういう不都合が生じているかのか?というように、言葉を「崩し」たほうが解決するにはよいのです。例えば夫婦間の出来事で問題が起こった場合は次のことをやってみたらどうでしょうか。椅子を2つ用意します。自分が夫であれば第一の椅子に腰掛けて、今問題と悩ん...

続きを読む

プロフィール

shinshincoach

Author:shinshincoach
FC2ブログへようこそ!
鹿児島市在住 
NLPコーチ
25歳の子を持つ母
3,4歳の頃から人の心を分析するクセが
ついてしまい、本の中に答えを求めた結果
読書が趣味となりました。

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者向けメールフォーム