FC2ブログ

記事一覧

あまり自分をいじめない方がいい

 自分に厳しくしないといけないと思っていたけど、それは間違いだと気付く。「人に優しく、自分に厳しく」という言葉がある。この言葉通りの人はいないような気がする。自分に厳しかったら、人にも厳しい。 自分には何かが足りないと思っているから、もっともっとがんばらないといけないと自分を駆り立てるけど、欠乏感からは何も得られない。 だったら、いろいろ悩みながら努力してきた自分を認めて、今までちゃんとやってきた...

続きを読む

自分の目の前に現れた苦手な人は「自分」

 なんとなく嫌な感情が溜まってしまったことがありました。別にけんかしたとかトラブルがあったというわけではないです。なんかモヤモヤした、イライラした感情が大きくなる感じ。人間関係で思い当たることがありました。なんとなく嫌な人。自分にとって嫌な行動をする人の心理分析をして気持ちを切り替えようとしました。しかし、うまくいかず、モヤモヤした気分が続きました。 ふっと頭に浮かんできました。目の前に現れた苦手...

続きを読む

「できない」「自信がない」「怖い」の意識から視点を変える

 これは人から聞いた話。「ノミを透明な容器の中に入れて蓋をすると、ノミはジャンプする。透明な蓋があるため出られない。それから蓋をとると、ノミはジャンプしたら出られる高さなのだが、容器の高さ以上に跳ぶことはできない。ノミは自分で限界を決めてしまった。本来の力を出せば外に出られるのに。人間も自分で自分の限界を決めてしまってはいけない。」 新しい問題が起こった場合、今までと同じやり方では解決できない場合...

続きを読む

ネガティブな考え方を変える方法

 人は無意識的に持っている自己イメージ通りのパフォーマンスを発揮します。ネガティブな人は自己イメージが低く行動が起こせなくなります。「ネガティブな人」といってしまうと「ネガティブ=人」と固定されるイメージが出来上がってしまうので動きのある言い方にすべきなのです。「ネガティブな考えをしやすい人」として問題を考えます。ネガティブな考えをする人は失敗をすると問題が一時的なものではなく永遠に続くものだと考...

続きを読む

「出来事」に人は自分なりの意味を与える

 雨が降ってきたら、傘を持たずに外出したら悪い出来事になる。日照りが続いている農家の人にとっては恵みの雨となる。どんな出来事にも自分が意味を与えるまでは重要なことではない。自分の決めた枠組み(フレーム)を通してみて始めて意味が与えられる。枠組み(見方)を変えれば先ほどのように、「雨が降る」という意味も違ってくる。出来事の意味が変われば人の反応と行動は変わってくる。出来事を見る枠組みを変えることによ...

続きを読む

プロフィール

shinshincoach

Author:shinshincoach
FC2ブログへようこそ!
鹿児島市在住 
米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー
25歳の子を持つ母
3,4歳の頃から人の心を分析するクセが
ついてしまい、本の中に答えを求めてい
くうち、趣味が読書となりました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者向けメールフォーム