記事一覧

視点を変える「たとえ話」

 物事が自分の思ったとおりにいってくれない時、というよりも自分の気持ちがネガティブになってしまうとこの先ずっとこのままなのかと不安になることがあります。先の見通しが暗く思える悪いことばかり考えたりします。これは実際起こっていることではなく、取り越し苦労というものがほとんどだったりします。 しかし、そうではなく、「日本に四季があるように、人生にも四季があると考えてみよう。」「今は、どの季節?」「今は...

続きを読む

邪魔されているとか、壁にぶつかっていると感じたとき

 脳は「わからない状態」をとても嫌うといいます。「わからない」状態である時、また、やり方が「わからない」場合とかです。こんな時、脳は答えを探しているのだそうです。「意識(顕在意識)」のみならず「無意識(潜在意識)」も答えを探すために協力すると言われています。 アンソニー・ロビンズの本の中に「石切職人の話」がありました。石切り職人は大きな岩をどのようにして割り裂くか。「職人は思い切り強く岩を叩く。第...

続きを読む

変わりたい、よくなりたい、そう思うことだけでOK!

 思うようにいかなった、まだこんな状態か、と思って暗い気持ちになる。周りのことも気になる。なんか気持ちがどんよりしてくる。こんな状態になるとどんどん下に落ちていってしまう。「‥ちょっと待って」と自分が言う。100点満点で40点しか取れない。80点取れるようになったらこうしようとか100点でないと意味ないとか。こういう考えはいけないことに気づく。40点でもいいわけよ。次よくなろうと思えば。意識が上を向いていれば...

続きを読む

人はどういう場合にものを買うのか

 2日前車のバッテリーが不調でJAFの人に来てもらった。数ヶ月前も同じようなトラブルできてもらっていた。前回のトラブルのあと車が動くようになったら、バッテリーのことなどすっかり忘れてまた車に乗っていた。前回の時「もう寿命かもしれないから買い換えた方がいいですよ。」とアドバイスをもらっていた。痛いことがないと動かない。バッテリーは普段買い慣れてない、車の知識もない。だからネットで調べる。バッテリーは...

続きを読む

国内線の外国人のキャプテン

 最近のこと。自分が乗る飛行機が駐機場に入るのが窓から見えた。誘導する人の手信号のとおり真直ぐに入ってきて、ぴたりと黄色の線の手前で止まった。操縦席の真下に車輪があるのによくきれいに止まれるものだと感心した。。それに乗り込みスムーズに離陸すると、「この行機の機長はマイケル‥‥」とアナウスがあった。国内線で外国人の機長に乗り合わせたのは初めてだった。いつも行l機に乗ると耳が痛くなり、降りてからもしばら...

続きを読む

プロフィール

shinshincoach

Author:shinshincoach
FC2ブログへようこそ!
鹿児島市在住 
米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー
25歳の子を持つ母
3,4歳の頃から人の心を分析するクセが
ついてしまい、本の中に答えを求めてい
くうち、趣味が読書となりました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者向けメールフォーム