記事一覧

怒りの感情に「自分」を支配させないようにしたい

 人の行動を見ていてイラッとすることがある。それが自分に向けられたらなおさらだ。「あの子は男子社員に媚売ってる」「上司の機嫌をとっている」とか。やってる本人はそういうつもりではないかもしれないが、自分が見たらそう見えるし、イライラするときがある。 怒りの感情はカッとなったり、敵意をむき出しにしたり、押し黙ったり、暴力をふるうという形で表われる。怒りの感情に支配されると、感情や行動が正常に機能しなく...

続きを読む

バレンタインデーに本命チョコをあげる恋人をつくるには

 バレンタインデーに、義理チョコでも、もらったらうれしいと思う。今日はいろんな職場で多くのチョコが配られたと思う。 昔、十代の頃はバレンタインデーをきっかけにチョコを贈ろうか迷い、楽しいような切ないような妄想をしていた。しかし、今は半分オッサン化しているから、若い頃のピュアな恋心がなつかしい。 今年は本命チョコをあげる恋人がいないけど、来年こそはと思う人は「理想の恋人」を思い描いたら夢が現実になる...

続きを読む

無意識がつくるプログラム、なぜ人間はプログラムをつくるのか?

 犬恐怖症になった人は犬恐怖症になろうと思ってそうなったわけではなく、犬に噛まれたら無意識のうちにそうなったのです。「犬は怖いものである」というプログラムを作ることによって犬全般を危険なものと認識するようになり犬を見かけたらおびえ、逃げ出したい気持ちになります。無意識が危険な犬から身を守るためにプログラムは出来上がりました。無意識はいつも自分自身を守るために、安全・安心を確保するためにプログラムを...

続きを読む

人間の中にはプログラムがある

 NLP(神経言語プログラミング)では無意識が作り出す感覚と行動のパターンをプログラムと呼びます。コンピュータのプログラムが、ある「入力」に対する「出力」は毎回同じであるように、NLPでは、コンピュータのプログラムと同じようなものが人間の中にもあると考えます。 例えば幼い頃に犬に噛まれると、犬恐怖症になります。プログラムは「体験」が「言葉」によってできるものなのです。赤ちゃんはプログラムのないまっ...

続きを読む

「まず、何をしますか?」具体的な行動計画を実現する。

 なりたい自分をイメージし具体的な目標設定ができたら、次はそれを行動に移します。自分の目標を達成するには行動を起こさなくてはなりません。目標に近づくには一つ一つの行動の積み重ねが必要です。まず、最初の一歩を明確にします。毎日毎日、行動することで目標達成を可能にします。行動計画を立て実行するために、自分自身に質問します。「1時間以内にできることは何だろう?」「今日一日でできることは何だろう?」「この...

続きを読む

プロフィール

shinshincoach

Author:shinshincoach
FC2ブログへようこそ!
鹿児島市在住 
NLPコーチ
25歳の子を持つ母
3,4歳の頃から人の心を分析するクセが
ついてしまい、本の中に答えを求めた結果
読書が趣味となりました。

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者向けメールフォーム